リサーチグループ

原子核物理法ラボ

同じ名前の共同研究グループを基盤に、2019年の初めに正式に開設され研究室です。次の3つの方向性に注目しています。

  • 非加速器素粒子物理学(GERDA、トロイツク・ニューマス、KATRIN、IAXO実験)
  • 素粒子物理学(加速器実験と非加速器実験、大気放出現象、X線物理学の両方)
  • 実験物理学のソフトウェア開発(Kotlin言語用BATコラボレーションとライブラリ)

この研究室は、学術と高等教育の架け橋として誕生しました。2年生でも最新の世界クラスの物理実験に参加できるようにするという構想です。方法論とソフトウェアに焦点を当てたのは、無作為な選択ではありません。現代の科学者は、科学的成果は高める一方で、自身が使用するツールに目を向けないことがよくあります。しかし、良い成果を得るためには、良いツールが必要であり、そういったツールを使わずに目標を達成するには、さらに多くの労力を費やす必要があります。信頼できる結果を得るには、適切なツールを備えることが重要です。今日の科学ソフトウェア開発には、興味深く重要なタスクが多くあり、私たちはそれらを解決することに取り組んでいます。研究室では、継続的な作業と卒業論文の実践と準備を行うよう、研究員と学生を歓迎しています。

リンク:

グループメンバー

Alexander Nozik
Alexander Nozik
リサーチラボ/グループ長
Vasiliy Chernov
Vasiliy Chernov
研究員
Mikhail Zeleniy
Mikhail Zeleniy
研究員
Alexey Khudyakov
Alexey Khudyakov
研究員
Peter Klimai
Peter Klimai
研究員
Vladimir Palmin
Vladimir Palmin
学生
Roland Grinis
Roland Grinis
研究員
Fedor Bukreev
Fedor Bukreev
学生