リサーチグループ

移動ロボットアルゴリズムラボ

この研究室の最終目標は、人類の長年の夢である、目標を達成するために独立して任務を遂行し、決定を下すことのできる完全自律型モバイルアシスタントを得ることを実現することです。

主なリサーチプロジェクト

Duckietown

Duckietownは、自律ロボット工学分野におけるオープンリサーチプロジェクトです。ロボット(「duckiebots」)とこのロボットが徘徊する街(「duckietown」)の2つで構成されています。街中には、信号機、道路標識、道路標示、障害物など、実物そっくりの交通環境がシミュレートされています。duckiebotsは自律的なシャーシ上に構築され、ROSを搭載したRaspberry Piコンピューターを使用して動作します。すべてのソフトウェアは自律的に動作します。環境からデータを受信するために、単純なRGB カメラが使用されます。

ROS向けのSLAMコンストラクター

Simultaneous Localization and Mapping(SLAM)メソッドは、未知の環境で効果的に行動するために必要とされる移動式ロボットにとって不可欠です。すでに提案されているアルゴリズムは様々にありますが、一般的なケースで問題を強固に解決し、性能制約を満たすアルゴリズムは、依然として研究の対象となっています。残念ながら、SLAM研究をスピードアップするために共通の一連のコンポーネントを提供する一般に利用可能なフレームワークは存在しません(特定のSLAM部品の開発を簡素化するフレームワークとツールキットが考慮されていません)。

産業用ソフトウェアエンジニアリングMOOC

大規模な公開オンラインコース(MOOC)によって、世界中でボーダレスに知識の配布を利用できるようになりました。私たちは、その力を活用し、あらゆる人々に効果的に学習する機会を与えたく、主要なソフトウェアエンジニアリングテクノロジーを教えるオンラインコースを開発し、Stepik.orgの教員がオンラインコースを開発しやすいように改善を続けています。私たちは、オンラインコースタスクの自動ジェネレータの開発に関する研究を通じて教育の未来を支援できることを期待しています。これらのプラットフォームを使用すれば、コースのタスクを簡単に生成できるようになるでしょう。

グループメンバー

Kirill Krinkin
Kirill Krinkin
リサーチラボ/グループ長
Dmitriy Kartashov
Dmitriy Kartashov
研究員
Anton Filatov
Anton Filatov
研究員
Mark Zaslavskiy
Mark Zaslavskiy
研究員
Tatiana Berlenko
Tatiana Berlenko
研究員
Konstantin Chaika
Konstantin Chaika
研究員